UNIX/Linuxのテキストエディター vi

公開日 2017-10-30

テキストエディターのviはほとんど全てのUNIXシステムに標準装備されています。

インストールの手間がいりません。

簡単に使い方を確認しておきましょう。

viの正式名称はVisual Extended editerと言います。

viはコマンドモードとテキスト入力モードに分かれます。

テキスト入力モードは、普通のテキストエディターと同じようにキーボードから文字を入力するモードです。

コマンドモードは、文字列のコピーやファイルの保存、viの終了などの操作をするために使われます。

$ vi hogehoge.rb    # hogehoge.rbをviで開く
$ vi -R hogehoge.rb # hogehoge.rbを読み込み専用モードで開く
$ vi hogehoge1.rb hogehoge2.rb # 複数のファイルを開く

vi起動時はコマンドモードなっています。

テキスト入力モードに切り替えたいときは、i(コマンド)を入力します。

逆にテキストモードからコマンドモードへ切り替えるときは、ESCキーを押します。

下の画像はHelp画面です。

help image

主なコマンドのキーと機能は

  • hキー 左に1文字移動
  • lキー  右に1文字移動
  • kキー 上に1文字移動
  • jキー  下に1文字移動
  • {キー 文章の先頭に移動
  • }キー 文章の末尾に移動
  • ddキー 1行削除
  • Dキー カーソル位置を始点として行末まで削除する
  • :u   Enter   直前の操作を取り消す
  • :wq Enter  ファイルを保存して終了
  • :q   Enter  保存しないで終了
  • hキー 左に1文字移動
  • hキー 左に1文字移動
1c53777f5f735569fe6c754d2c4b4854

Nakada

スポンサー リンク

Category

スポンサー リンク